ニードル脱毛の最大のデメリット

| トラックバック(0)
ニードル脱毛は、毛根に対し、1つ1つ針+電気で壊す方法です。
毛根のみに作用するものなので、皮膚などには全く影響なく
行える施術であることから、日焼けしている人など、
レーザー脱毛の行えない人でも出来る脱毛の方法です。


ただ、1つ1つの毛穴に針を入れていくものですので、
レーザー脱毛よりは痛みがあります。麻酔を使用する例もあるので、
あまり痛みに強くない方はオススメ出来かねます。


脱毛部位で料金は変わってきますが、両脇で10万~20万と、
高額な施術になりますので、今は、レーザー脱毛が主流です。


また、ニードル脱毛の最大のデメリットは、施術を受ける前に、
ワキ毛を伸ばしておかなければならないということ。
この間は、自己処理さえ行えないのがとてもネックだと思います。
でも、効果で言えば、確実に1本1本を減らすことが出来るので、
レーザー脱毛を受けたあとに、ニードル脱毛で仕上げをする方も
多いようですよ。参考にしてみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年4月25日 10:52に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「αリポ酸を活用させる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28